2014年10月12日 (日) | Edit |
金曜から土曜にかけて
温泉宿に1泊してきました~

最近めっきり少なくなった
純和風な温泉旅館でした

私が予約したお部屋はお財布に優しい
お部屋で、入った瞬間
「お~!昭和な感じ~(*´∀`)」
と、思わず言ってしまう程の
レトロな雰囲気でしたが
それがまた味があって、良かったです♪

この宿の1番は何てったって野天風呂

内風呂と露天風呂が男女共一つずつと
家族風呂があるのですが
さらに宿から出て、歩いて出掛ける
野天風呂が5つあって
それが楽しいのです

かなりの広大な敷地の中にあちこちに野天風呂があって
フロントで入湯札というのを
手に入れた人だけが入れる仕組みなのですが

その場所に行くまでに



かつら並木を歩いて行くお風呂が2つ↑




つり橋を渡って行くお風呂が3つ↑

どれも趣向を凝らした手作り感満載の
お風呂です


街灯も何もない場所なので
野天風呂に入れるのは
夜明けから日暮れまで

夏ならまだしも秋ともなれば
日暮れは早いので
少しでも早く出発したかったのですが
結局 到着したのは午後3時半( ´△`)

タイムリミットまで1時間半くらいか!?

着いたは良いけど、肝心の入湯札が出払っていたら
誰かが戻ってくるのを待たなければいけない…(T^T)

恐る恐るフロントで聞いてみたら
「もみじの湯と杉の湯は空いてますよ~」との返事 (≧∇≦)

次男くんを押しのけて
「もみじ」の札を貰って、いざ出発♪

もみじの湯はつり橋を渡った先にあって
宿からは5分位かな








川沿いにあって、解放感たっぷり

ず~っと入っていたかったけど
他のお風呂も入らなきゃ!
って事で またつり橋を渡って宿まで帰ります

一旦フロントまで戻り、他のお風呂が空いてたらまた札を貰って
テクテクとのんびり歩きながら次の場所を目指す…

面倒くさがりの人には絶対向いてない
システムですが
川を眺めたり紅葉や栗探ししながら
歩くのは最高でした(*´∀`)ノ


フロントに戻って 他のお風呂が空いてるか聞いてみたら「トチニの湯」が戻ってますよ~と

5つのお風呂のうち「トチニ」と「もみじ」だけは
絶対入りたいと思っていたので
来た早々 制覇できてラッキー





他の人のクチコミではトチニが1番!
との声が多かったのですが
私も同感でした♪
お湯も源泉で熱からずぬるからず
川の音を聞きながら
いつまでも入っていられそうでした


宿に戻るともう5時を過ぎていたので
今日は残念ながら野天風呂はおしまい…

夕食を食べてから



内風呂に入って1日目は終了~


次の日は朝 5時半頃から入れると言うので
早めに就寝です









スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック