2016年06月21日 (火) | Edit |
昨日、TVで「スーパードクターズ」なるものを放送してました

神の手フクシマ先生はいつもパワフルで
この先生が、もしもいなくなってしまったら
助かる命も助からなくなってしまうんだろうか…
と思ってしまいます(._.)

そして私が目を皿のようにして見ていたのは
名大の消化器外科のドクター

幸いな事に今はガンの合併症なく過ごせていますが
PSCは胆管ガンになる確率が高いので
他人事とは思えません

このままいけば、消化器外科の先生よりも移植外科の先生にお世話になる確率の方が高いけれど
もしもの時は覚えておかなくちゃ

最後に言ったドクターの言葉が患者さんにとって
どれだけ安心感を与えるか…

一縷の望みを捨てずにいる患者さんにとっては
嬉しい言葉だと思いました




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック