2016年03月31日 (木) | Edit |
知ってる人は既に知っている…(当たり前 (笑))
とあるブロガーさんの記事で紹介されていた
ある社長さんのブログを最近訪れるようになりました
(^-^)

「信じるか信じないかはアナタ次第」と言う
怪しむ人はとことん怪しんで、否定もするかもな…(^^;)
って感じのブログですが、私は共感するところが沢山あって
とても勉強になっています


「人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。
しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅過ぎない時に」


このタイミングで知る、と言うことにはやっぱり何か意味があるんだろうな~
と思っています。

で、その方のお話しでご紹介したい内容がホントにたくさんあるのですが
最近の記事でもグッときたものがあったので
私のブログに寄って頂いた方にも見てもらいたくて
転載のお許しを頂いてきました(^O^)

ぜひ読んで見て下さい♪ ↓

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今このブログを読んでいるたった一人の《あなた》…

《あなた》は偶然にこの世に、

この時代に、そして日本に生まれたのではない。


実は《あなた》と言う存在は、

決して一人ではないのだ。


魂レベルや集合意識とは意味を別にして、

肉体一つにとって見ても、

細胞一つとって見ても…である。


これからその根拠を説明しよう。

今の《あなた》は、

父と母の二人の縁と愛によってこの世に生まれ存在している


その両親にも、

それぞれ父と母の二人が間違いなく存在していたはずだ。


その祖父母にも…。


これが例えば30代遡ると、

いったい何人の《あなた》の元となった先祖が、

合計数で存在していた事になるだろうか?


昔は22~23歳で結婚していただろうから、

約700年間としよう。


日本の700年前と言えば鎌倉時代に当たる。


この鎌倉時代に《あなた》の先祖は、

間違いなくこの地球上で生存していた。


では、

30代700年の間に存在していた、

《あなた》の父母の合計数は…?



1,073,741,824人!

※覚え方

「ヒトナミナ ヨイ エニシ(良い縁)」


なんと僅か700年間で、

10億人以上の父母が存在していたのだ。


インドの人口に匹敵するほどの数だ。


考えて欲しい。


もし、この10億人の先祖のたった一人が、

結婚していなかったり、

結婚していても子供が生まれなかったり、

子どもを産める経済環境でなかったり、

子どもができる前に片親が事故か病気で亡くなっていたり、

生まれた子供がすぐに亡くなったりしていた場合は…


今の《あなた》は、

間違いなく存在しない!


但しあくまでも10億人の父母というのは、

数字上の計算であり、

実際はこの数よりかなり少ないと思われる。


なぜなら昔の閉鎖型の村社会では、

血の濃い同村同志の婚姻、

もしくは数代前の親戚同士の婚姻も多かったからだ。


つまり、

遠い親戚同士の結婚…、

先祖がダブっていた可能性も高い。



するともっと、

あなたが生まれる確率は少なくなる。


たとえダブリだとしても、

数字上は10億人以上の父母がいた事は事実。



言い換えれば、

《あなた》というたった一人の存在を現代に生み出すために、

700年で10億人以上の命が必要だったと言う事になる。



10億人のDNAの、

集大成の姿が《あなた》だという事だ。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


これにはさらに奥深い話が続いていて
ホントはその続きの方が大事な話だったりするのですが(;^ω^)


ご先祖様がいて自分が存在する事はわかってはいても
数字で出されると「お~そうなんだ~」と単純なんで、感動してしまいました(^^)


引き継いできたDNAを自分達の代で終わらせてはいけない…

地球を大事に、日本を大事に
自然に常に感謝して、汚染させることなく
次の時代に渡さなきゃ~(^o^)/


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いちこさん

心に沁みました。

地球のみなさん、日本のみなさん
エイプリルフールで浮かれていては
いけませんね!

紹介してくださって
ありがとうございました。

2016/04/01(Fri) 18:55 | URL  | にこ #-[ 編集]
☆にこさん

こんばんは!
できる事から始めていきたいですね(^-^)
2016/04/04(Mon) 19:28 | URL  | いちこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック