2015年02月14日 (土) | Edit |
今日、午前中に退院して我が家に戻りました(^o^)


入院中は沢山の励ましと私の暴走を
心配して止めて下さった皆様に感謝致します
m(__)m m(__)m


最後の2日は皆様の忠告通り
ほぼベッド上でのんびり
ダラダラと過ごしていました♪


前日の夕方に家族集合で主治医から
PSCとは何ぞや!? と言う所から始まり
今までの経過と今回の処置結果などを
解りやすく一から説明して頂きました


そして、これから起こりうるであろう
肝臓移植のことも…


する、しないは別と考えて
まずは家族で話を聞きに行ってはどうか…と


後日、そうなった時は改めて
紹介状を書いてもらう事になりました



今回のERCPの画像を見せてもらいましたが
肝臓の中の胆管がまったく
写し出されていない画像を見て
ちょいとショックを受けました…(T_T)


少し奥まで進みこんで造影剤を流すと
やっと薄く写りましたが…


急に人生の短さを突きつけられた気がして
さすがの私も凹みました…(^^;


とにかく黄疸数値を少しでも改善させて
肝臓を元気にすること
暫くはこれを目標に頑張ります('ー')/


鼻チューでほんの少しだけだけど
数値が改善したので
ステントも有効ではないかという判断で
踏み切ったようでもあります



次回の外来は再来週


ウルソもジェネリックではなく
先発品に戻してもらう事にしました


暫くはマジで安静にしていようと思います-w


調子に乗って弾けそうになったら
また止めて下さいね~♪\(^o^)/



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
無事退院できて、良かったですね!(*^^*)
おめでとうございますm(__)m

ステント入れたままでも熱なども出てないようで
黄疸数値も少し改善されたようで、
良かったです!!

これから先、誰にもわからない事なんだけど、
移植って話が、現実味をおびてくると
不安になりますね…。

今の自分の生活上、寝込む事が少ないだけに
あんまり実感がわかないので…

検査結果を見せられた病院からの帰りと、
1日位は凹むんですけどね…(笑)

お仕事にも行かれるとの事ですが、
ご無理なさらずに~

今日はゆっくりお家でお休みしてくださいね♪
我が家のベットが一番いいですよね!
2015/02/14(Sat) 22:48 | URL  | あーく #-[ 編集]
No title
☆あーくさん
おはようございます♪
そして、ありがとうございます♪
やはり自分のベッドで眠るのは良いですね!
まったく夜中に目が覚めませんでした-w
自分の黄疸もそうですが、あーくさんの黄疸も心配しています(>_<)
お互い、ムリせず過ごしましょ~
って、私の方が約束破りそうですが(笑)

2015/02/15(Sun) 09:44 | URL  | いちこ #-[ 編集]
No title
退院おめでとぅござぃます!!

移植の話をされると
本人も家族も
怯えてしまいますよね、、、(´△`)
ゎたしの旦那さんとか過敏です(´-`)

ステントでしばらくは
落ち着いてくれるとィィですね♥
2015/02/15(Sun) 09:51 | URL  | ゅぅ #-[ 編集]
No title
いちこさん

バレンタイン退院おめでとうございます。

自宅へ帰ると、いろいろ動いてしまういちこさん。
明日からさっそくお仕事復帰とのこと。
休む時間(ランチやスイーツ巡りもね)もしっかりとってくださいね。

可愛いすぎる次男君のチョコを、こっそり食べ過ぎないように~。
2015/02/15(Sun) 11:28 | URL  | にこ #-[ 編集]
No title
☆ゆうさん

ありがとうございます!
移植の話どころか、PSCだった事もあまり話していなかったので
頭の中は?????でいっぱいの家族だったと思います(笑)

ゆうさんも元気な赤ちゃんが生まれてきますように!
カウントダウン始まってますね!
2015/02/15(Sun) 11:59 | URL  | いちこ #-[ 編集]
No title
☆にこさん

ありがとうございます!
ランチやスイーツも行きたい所ですが
食欲はあってもすっかり量が減ってしまって
全然 食べられなくなりました。
今、行っても楽しめないので、暫くはお休みです(・.・;)

にこさんの美味しい情報、お待ちしてます!
2015/02/15(Sun) 12:05 | URL  | いちこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/02/15(Sun) 13:00 |   |  #[ 編集]
Re: No title
こんにちは。 ありがとうございます。
女の子の件は私が自分の母親で同じ思いを持っています。
旦那さんの気持ちも私と似ていると思うので、良くわかります。
子供に対して母親の役目を普通に話せるご自身を羨ましくもありますし
そうする事は本当に良い事だと思います。
私の思っている事を文章にすると、とてつもなく長くなってしまいます。
自分の思いと、逆の立場だったら…の思い
どちらもわかっているつもりです。
でも全ての人間が自分の気持ちを素直に吐き出すことが出来る訳では
ない事もわかって下さい。そういう面では不器用です。

心配して下さってありがとうございます。いろんな方の気持ちを聞くことは
私にとってもプラスになっています。
全然 大丈夫なので、またコメント頂けたら嬉しいです。
ありがとうございました <(_ _)>

2015/02/15(Sun) 13:46 | URL  | いちこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/02/15(Sun) 18:17 |   |  #[ 編集]
色んな考えがあって、色んな家族の形がある中で
まっすぐ家族と向き合って生きてらっしゃるのが
とても素敵です。
私には到底無理ですが、この性格もたぶん
家族にはお見通しなんだと思います。
この歳になると、患者側、家族側、子供の時の気持ちも経験済みとなりましたが、あまり深く考えるタイプではなく、行動で体育会系で示していくタイプなので困ったもんです-w
これからも色んな場面で「考えなさい」と立ち止まる場面がやって来るでしょう。
私はその時の心の声と直感に従って、その時その決断が必然なんだ…と思って、これからも生きていきます。
改めて考えさせて下さって、ありがとうございました(^_^)

2015/02/15(Sun) 20:27 | URL  | いちこ #-[ 編集]
No title
退院おめでとうございます。
1度の入院でERCPを2回は大変でしたね、お疲れさまでした。
それにしても、いちこさんはお元気ですよね。
私だったらフラフラで最低2週間は入院でしょうね。
仕事への復帰は慌てないでください。
心身ともに回復してからのほうが良いと思います。
くれぐれも無理なさらないで、お大事にして下さいね。
2015/02/15(Sun) 22:36 | URL  | 久美姫 #-[ 編集]
No title
いちこさん

退院おめでとうございます。

家に戻ると、途端に病人だったことを忘れて
動いてしまいそうになりますが
どうぞ、無理されないで下さい。

今回のいちこさんのブログ記事、何度も読み返してしまいました。

PSC自体が、有名な(?)病気でないので
周囲の人も、なかなか理解しづらい部分があるように思います。
私の家族も友達も、難病みたいだけど、大したことないだろう、
と思っているみたいです。
急に、移植とか、胆管狭窄とか、そういった問題が起こった時
理解を求めるのって、大変だろうな、と思います。

しかし、ひとつひとつ、
乗り越えていくしかないですね。
とりあえず、いちこさんに今、大切なことは
まだ退院直後ですから、無理されないことだと思います。
少しずつ、体を慣らしていって下さいね。
2015/02/16(Mon) 13:41 | URL  | あおい #swK954Dw[ 編集]
No title
☆久美姫さん

こんにちは。ありがとうございます!
2度目のERCPは爆睡だったので楽ちんでした(^O^)
今どきの病院は多少 フラフラでもすぐに退院させられてしまいますよ~
私のような退院と同時に動き回るような奴ほど
本当は病院に隔離しなくてはいけないんですけどね(笑)

早速 仕事に行ってきました。
フルタイムではないので、楽なんですよ。
でも、今回は普段の半分程の行動で抑えようと思っていますので
大丈夫です('◇')ゞ
久美姫さんも無理せず過ごして下さいね!

2015/02/16(Mon) 15:07 | URL  | いちこ #-[ 編集]
No title
☆あおいさん

こんにちは!無事に退院してきました!
退院するとのんびりしてたのが恋しくなる…
そんなワガママな私です(笑)
胆管が何処にあるのかさえ、病気になる前は
自分でもわからなかった位ですし、外見ではなく、
内臓疾患なのでしょうがないと思いますよ~
私は心配されるのが苦手なので、「そんなに理解しなくていいよ」
って思ってます。変な奴です(笑)

皆さんの言う通り、今回はしばらく無理せず過ごすことにします。
あおいさんも首の方は治りましたか?
あおいさんこそ、ムリしないで下さいね!

2015/02/16(Mon) 15:24 | URL  | いちこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック