2014年02月27日 (木) | Edit |
闘病記のブログのわりには
最近 調子が良いので
あまり書くこともなく過ごしてます

それはそれで
嬉しいことだ~

病気の事を知るのは恐いから 
先生にも聞けないし、本とかもあまり読まずにいる
という人も多いけれど

私は何でも知りたがりなので
けっこう本も読みまくったりしてるんだけど

原因がハッキリしない難病というだけあって
10年前と比べても 治療法はそんなに進歩してないみたい…

ただ最近は PSCと一括りにされていた中に
IgG4関連硬化性胆管炎というのが含まれていた可能性もあり
今ではしっかりした診断基準も出来て
別モノとして除外するようになったらしい。。

って事は今PSCと診断されている人の中にも
実はIgG4関連硬化性胆管炎だった。。という人が
いるかもしれない

PSCとIgG4-SCは治療法や予後が大きく異なるので
(IgG4-SCの方がステロイドが効いたりして
予後が良い)
いま一度、自分が本当のPSCなのか
IgG4-SCではないのか?を主治医に確認してみる事も
必要かもしれないですね。。

勉強してるお医者さんばかりと信じたいところですが
もしかしたら…ってことも

私の場合は最初の頃の血液検査で
IgG4の数値の検査をしました
その数値だけで判断する訳ではないですが
それを調べたって事は その可能性も念頭にあった
という事でしょうね

「IgG4は保険が効かないから、少し高いけど検査しても
いいですか?」って
先生が聞いてきたのを覚えています
スポンサーサイト